便器修理

その枚方市 便器修理というのは、あの麻夕子がくる日もくる日も、毎時間、いや一生のあいだ、絶えず彼の愛情をわが身のほとりに感じていてくれる、ただそれだけのことにほかならなかったのだ——それを今、彼はひっきりなしに思い返すのであった。『どんな人間にしろ、これ以上の生き甲斐は決してありもせず、またあり得るものでもないのだ!』と彼は時折り、暗い法悦にひたりながら思い耽った、『よしんば、まだほかに枚方市 便器修理があるにしても、これより聖らかなやつは一つだってありはしないのだ!』……また、『麻夕子の愛によって』と彼は夢想するのであった、『俺の今までの腐れ果てた無益な生活は、すっかり浄められ購われたに違いないのだ。これまでの安逸な、堕落した、老い朽ちた俺をいとしむ代りに、——俺はあの清らかな美しい存在を己れの生き甲斐として、愛しはぐくむはずだったのだ。そしてあの存在のおかげで、俺の過去の水漏れは修理され、また我でも過去の水漏れを修理すことができたはずだったのだ。』すべてこうした意識面の想念は、常にありゃりと眼前ちょっとに焼きつけられ、しかも常に彼の魂を掻きむしりつづける亡児の追憶と、固く結びついてあらわれてくるのであった。彼は麻夕子の蒼ざめた小さな顔を心に描き返し、その顔の表情の一つ一つを想いおこした。お棺のなかに花に埋もれて横たわっていた姿を、思い浮かべ、また、まだそうならぬ前、高熱のため意識を失ったまま、動かぬ眼をぱっちりと見開いていた姿を、思い浮かべるのであった。